2010年12月01日

トレッキング「ブナの森で過ごす秋の一日」行ってきました!

参加者9名、スタッフ・講師4名の合わせて13名で、標高1404mの「山犬段」から1512mの「板取山」まで紅葉に彩られた秋の森の中を歩いてきました。

IMG_3803.JPG 

登山口の「山犬段」へ向かう林道では、高度をあげるにつれて、秋が深まっていき、いつしか林道は見事な紅葉のトンネルへと早変わり。

IMG_3726.JPG IMG_3605.JPG IMG_3719.JPG IMG_3822.JPG

それにしても日本の秋の山はとにかくキレイなのです!
様々な樹種が様々に色づき、赤や黄色、オレンジや茶色、濃い色から薄い色まで、
カラーバリエーションが豊富。
曇り空でも十分キレイな紅葉を楽しむことができましたが、日差しが出ていればもっと
鮮やかに見えたことでしょう。

さてさて、
色づく山並みに皆のテンションが高まったところで、「山犬段」に到着。
「さあここからトレッキングのスタートです。

IMG_3635.JPG IMG_3630.JPG IMG_3656.JPG

板取山へは、比較的やさしいアップダウンの道。
登山道の紅葉は、最盛期を少し過ぎた感じでしたが、黄色に色づくハウチワカエデや
コハウチワカエデなどのカエデの葉がたくさん残り、まだまだ道を彩ってくれていました。
皆写真をパシャパシャ撮っていましたね。

IMG_3729.JPG IMG_3671.JPG IMGP0944.jpg

板取山への道のりを半分ほどいくと、「ホーキ薙」と呼ばれる壮絶なガレ場(崖)。
眼前の視界が開け、目指す板取山のピークの向こうに、秀麗な富士山の姿が現れます。
いつみても惚れ惚れする、美しい山容です。

IMG_3639.JPG IMGP0938.jpg IMG_3606.JPG IMG_3603.JPG

ガレ場を下って覗き込むと、紅葉が山を駆け下りるように
山裾へ広がっている様子が印象的で、皆美しい山の色彩美に
しばし見とれてました。

山頂ではスタッフで用意したチーズフォンデュに舌鼓。
チーズフォンデュは、スイスを中心に、ヨーロッパアルプス地方の
郷土料理だそうで、「この時期の山にはピッタリ!」な料理です。

みんなで食材を切ったり、チーズを溶かしたりしながら、ワイワイやりながら楽しみました。
アルコール飛の飛ばし具合がちょっとあまく、ワインの香りが強く残ってしまったのも、
アウトドアクッキングならではのご愛嬌ということで、どうぞご勘弁を(笑)。

帰りはちょっと寄り道をして「八丁段の展望台」へ。
開けた南斜面から果てしなく続く山並みがまるで海のように広がっていました。

IMG_3862.JPG IMG_3870.JPG IMG_3899.JPG

最後にここでのんびり休憩して、非日常の秋山の世界を堪能しました。

下山してからは、島田の「伊太和里(いたわり)の湯」で汗を流し、
湯船につかりながら秋の山で過ごした一日を反芻。

身も心もポカポカに温めて、帰路につきました。

IMG_1665.JPG

(尚、画像は、参加者大畑さん、小林さん、鈴木講師の撮影したものをお借りしました)


posted by すろーらいふ at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011カレッジ エントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になりました。

身近な山で贅沢な秋を満喫しました!
四季のある日本っていいな〜って
あらためて実感しました。
澄んだ山の空気が懐かしいです。
Posted by もなか at 2010年12月03日 21:13
本当に秋ですね〜。
写真もステキですが、実際に行った方が
もっと綺麗なんでしょうね。
Posted by おじょう at 2010年12月06日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。